国会会議録

国会会議録
通知書記載は撤回を 田村智子氏 マイナンバーただす


(写真)質問する田村智子議員=5月31日、参院内閣委

 日本共産党の田村智子議員は5月31日の参院内閣委員会でマイナンバーの誤配送や漏えいの問題を追及しました。

 昨年2月の衆議院総務委員会で、梅村さえ子前議員が地方自治体から事業所に送付する住民税の「特別徴収税額通知書」へのマイナンバーの記載は情報漏えいがおきると指摘。しかし総務省は、同年3月に自治体に対しマイナンバー記載の強制を通知しました。

 田村氏は31日の同委で誤配送の実態を確認。個人情報委員会は、152件695人分の誤配送、漏えいを認めました。

 田村氏は、事業所が管理業務の際に漏えいしたら罰せられると指摘。マイナンバーが記載された書類の保管について個人情報委の福浦祐介事務局次長は「ガイドライン上必要のないマイナンバーは、廃棄又は削除しマスキングして保管することは事業所の判断で可能」と答弁しました。

 田村氏は、経済同友会も通知書への記載は廃止すべきだと提案していることを紹介し、「事業所も自治体もこのマイナンバー記載は業務上必要ない」「通知書への記載という方針は撤回すべき」だとただしました。総務省の小倉將信大臣政務官は「当分の間、記載しないこととした」と述べ、昨年の方針の変更も事実上認めました。

2018年6月4日(月)しんぶん赤旗より


 |