国会会議録

国会会議録
期間職員常勤化せよ 田村智子氏 厚労省非正規率高い


(写真)質問する田村智子議員=10日、参院内閣委

 日本共産党の田村智子議員は10日の参院内閣委員会で、感染症対策などを担う厚生労働省の非正規率が高いことを指摘し、任期付きの期間業務職員の常勤化の検討などを提案しました。

 田村氏は、国立感染症研究所の基幹的業務まで任期付きの期間業務職員で担われていると指摘。期間業務職員は1年契約で、最大3年で機械的に公募にかけられることをあげ、新型コロナ感染症対策への緊急措置として「せめて3年ごとに公募にかけるのは、やめるべきだ」とただしました。

 武田良太担当相は「いろいろな国民が公務員になるチャンスを提供していかなければならない」と消極的な姿勢を示しました。

 田村氏は、厚労省には正規職員約3万人に対し期間業務職員が約2万人もいることなどをあげ、「期間業務職員で経験を重ね、知識も集積してきた方は通常の採用試験によらずに常勤化するよう検討すべきだ」と要求。一般職国家公務員は、女性比率が約2割にとどまる一方で、期間業務職員は女性比率が77%と多数を占めることをあげ、「経験を積み能力も認められている期間業務職員を定員の中に入れる取り組みは、ジェンダーギャップを解決していく方策にもなりえる」と主張しました。

2020年3月20日(金)しんぶん赤旗より

 


 |