国会会議録

国会会議録
前夜祭 疑惑深まる/安倍前首相 秘書に責任押し付け/衆参議運委 野党「喚問必要」

 安倍晋三前首相は25日、衆参両議院運営委員会に出席し、「桜を見る会」前夜祭の費用補填(ほてん)をめぐる自身の国会答弁について「結果として事実に反するものがあった」と虚偽であったことを認めました。安倍氏は「改めて事実関係を説明し、答弁を正したい」と述べましたが、自身に都合よく秘書に責任を押し付けました。野党は「疑念は晴れるどころか、ますます深まった」として安倍氏の証人喚問を求めました。

宮本・田村氏が追及

写真

(写真)質問する宮本徹議員=25日、衆院議運委

写真

(写真)質問する田村智子議員=25日、参院議運委

 安倍氏は「開催費用の一部を後援会として支出していたにもかかわらず、それを(政治資金収支報告書に)記載しなかったとの事実が判明した」と述べ、前夜祭の費用負担を否定してきた自身の国会答弁が虚偽であったことを認めました。しかし、「会計処理は私が知らない中で行われていたことだ」として自身の関与は全否定し、秘書に全責任を押し付けました。

 日本共産党からは宮本徹衆院議員、田村智子参院議員が質問にたちました。

 宮本氏は、「桜を見る会」前夜祭の安倍氏側の費用補填について、2013年は政治資金収支報告書に記載があるのに14年分以降は記載がないことをあげ、「多額の補填は『不適切な支出』と指摘されるのはまずいと考え、隠蔽(いんぺい)のために不記載にしたのではないか」と追及。「有権者への利益供与は政治家として許されない行為だ」とただしました。

 安倍氏は「(秘書と)接触し、話を聞くことができない」と答弁を拒否。「総理大臣だから利益供与して選挙で当選しなければならない立場ではない」などと開き直りました。

 田村氏は、前夜祭は「桜を見る会」とセットで地元有権者をもてなしするものではなかったのかと追及。安倍氏側の前夜祭の費用補填は、政治資金収支報告書では“宴会料”となっており、地元の後援会員らを接待した寄付行為に当たるとして、その原資を明らかにするよう迫りました。

 安倍氏は「(ホテルとの契約)主体は安倍晋三後援会」としながら、「私が預ける共有資金の中から立て替えた」と答弁。田村氏は原資がわかる資料を提示するよう求めましたが、安倍氏は答弁に立たず、答えませんでした。田村氏は「何一つ事実は明らかになっていない」と厳しく批判し、安倍氏の証人喚問を求めました。

 

 

 

 

 

 

 


2020年12月26日(土)しんぶん赤旗


 |