日本共産党参議院議員 田村智子 比例代表

MENU

Tamura Tomoko Tamura Tomoko

メッセージ

共に生きよう

コロナ危機のもとで、東日本大震災で、
リーマンショック後の「派遣切り」で、
いつも心の中に響いていた言葉です。
「生きることを応援する政治」を、
ひたすらに求め続けてきました。

時代を変えよう

国の財政が大変だから、
制度を維持しなければならないから、
利益競争に勝ち抜かなければならないから…
そんな不安をあおり「仕方ない」と
あきらめさせる政治は、
個人を追い詰めただけでなく、
日本の社会や経済の発展力を奪っています。

野党の立場でも、
要求に根ざして告発し提案し、
実際に何度も政治を動かしてきました。
持続可能な成長、気候危機打開、
ジェンダー平等、
そして侵略戦争を許さず、
核兵器におびえることのない世界へ——
もっと大きく動かしたい、変えたい。

2022年参議院選挙、
不安やあきらめではなく、
希望への一歩を刻むために頑張ります。

実績

雇用問題 非正規、雇い止め、残業未払い
ジェンダー 男女賃金格差、リプロetc

他にも

コロナ1年前に国の
感染症対策の弱体化を批判

コロナが流行する1年前の2019年4月、国立感染症研究所の人員・予算削減問題を追及し、国の感染症対策に対する体制強化を求めていました。コロナ後、「まるで予言のよう」、「この時政権が真摯に対応していたなら」等の声が多数上がりました。

生活保護は国民の権利です」
田村智子の質問で
厚労省が明記

コロナの影響で生活困窮者が増えてきた2020年6月、「『生活保護はあなたの権利だ』と政府が国民に向けて広報するときだ」と質問。安倍首相(当時)にそれを認めさせ、厚労省のリーフレットやホームページにこの文言が記されました。

鋭い追及で
桜を見る会」を中止に

安倍元首相や与党議員の税金の私物化が大問題になった「桜を見る会」。田村智子の質問動画の再生回数が100万回を超え、大きな話題となりました。悪徳マルチ商法会社や反社会勢力との関与も明らかにし、予算大幅超過で毎年繰り返されてきた「桜を見る会」を中止に追い込みました。

政府が無視していた
隠れ待機児童」の存在を
明らかに

「保育園落ちた」で待機児童問題が話題となった2016年。政府が公表した待機児童数の3.6倍「隠れ待機児童」がいることを初めて明らかにしました。数を少なく見せ保育所の整備を怠ってきたと批判し、2017年からは隠れ待機児童数を公表させました。

政策

  • 消費税を5%に減らす
  • 最低賃金を1500円に
  • 男女賃金格差をなくす
  • 大軍拡にきっぱり反対
  • 核兵器をなくす   etc...
2022年参議院選挙政策 日本共産党が前進すれば社会はこう変わります

プロフィール